労働環境

人間関係が会社を辞めたい理由ですか?辞める前に3つだけ確認しておこう。

田村カツオ
田村カツオ

会社を辞めたい理由で多いのが人間関係です。

僕自身、人間関係が嫌になって会社を辞めたと言っても過言ではありません。

正直、多分70%くらいは人間関係が原因と言えますね。

会社を辞めて、気分的にどん底にまで落ち込んで、坊主になって、起業して、今に至る僕ですが今思うと「会社を辞めるなら辞めるで作戦は練った方がよかったな」と強く思います。

勢いで辞めましたからね、僕(笑)

会社を辞めるってなんだかんだで大きなイベント(?)なんですよね。

もちろん人によって違いはあるから一概には言えませんが、僕の経験上、退職へ向かって本格的に動き出す前にいくつか確認しておきかった事があったな…と強く思う訳です。

という事で、ここではその事について述べていきます。

もし、あなたが人間関係が原因で会社を辞めようと少しでも思っているなら、ちょっとだけ考えてみても損はないと思います。

会社を辞めたい理由は人間関係が多い。

会社を辞めたい理由 1位は人間関係。

エン・ジャパンさんの調査によると会社を辞めたい理由、堂々の1位は人間関係です。

人間関係が会社を辞めたい理由の1位。

出展元:エン・ジャパン

これについてはあまり驚きはしないというか、予想通りですね。

人は人間関係が良ければブラックな労働環境でも結構頑張れますし、逆にホワイトな労働環境でも人間関係が最悪ならさっさと辞めていってしまうものです。

「業務内容」という観点で言うと仕事はどんな仕事でも慣れるものです。

僕も損保の示談交渉という一般的に言うと基地外を相手にする仕事をしていましたが、心はすっかり慣れていましたから。

ただ、同僚や上司が嫌な奴だと耐えられません。前からの矢よりも後ろからの槍の方が恐ろしい、というやつですね。

イッヌ
イッヌ
仲間って大事だよね。

僕も人間関係が嫌で会社を辞めた。

僕も会社を辞めた理由は人間関係です。

それが全てでは無く、他にも色々ありましたが、基本的には人間関係が一番大きい退職理由。

  • 普段の仕事でクレーマーみたいな人間とやりあう。
  • 同じ部屋にいる同僚はお互いに無関心(な人が多い。)
  • 上司は敵。

更に長時間労働、説教付き飲み会、給料から天引きで営業協力、みたいな事をさせられる訳ですからね

色々な人から「そんな恵まれた会社を辞めるなんてもったいないよ」と言われましたけど、辞めました。

あの会社で仕事を続けていく事は出来ない。そう、強く思った訳です。

(この辺りについての詳細はプロフィールをご参照ください。)

人間関係が嫌で会社を辞めたいならその前に確認したい事。

僕は人間関係が嫌で会社を辞めたいと思い、実際に辞めた訳ですが、若干勢いで辞めた感があり、退職直後は後悔が無かった訳ではありません。

今思うともっと別の選択肢というか、賢いやり方もあったと思います。

(今も会社を辞めた事に対しての後悔がある、という事では無いですけどね。)

「昔の自分にアドバイスするなら何を言ってあげようか」と考えた時、僕は次の3つの事を言うと思います。

  1. 転職先は人間関係は大丈夫そうか?
  2. 使える制度は全部使ったか?
  3. ホントに会社を辞める準備は整っているか?

転職先は人間関係は大丈夫そうか?

転職先の人間関係は大丈夫?

会社を辞めても、転職するなり、自営業を始めるなり次の職に就く方が圧倒的に多いと思います。

ここで確認しておきたいのが、転職先(次の職場)の人間関係は大丈夫か?という事。

もちろん、働いてみるまで人間関係なんて分からないものではあるのですが、新しい職場の人間関係があまりにもヤバそうだったら、そこに転職するのは辞めた方が良いかも。

人間関係が嫌で今の会社を辞めるのに、転職先も人間関係が最悪だったていうのはシャレにならないですからね。

田村カツオ
田村カツオ
実は僕、人間関係が嫌で会社を辞めて、僧侶になった直後は人間関係で悩んだのです。

ネッコ
ネッコ
笑えない笑い話…

お坊さんっていうのは頭が硬くて偉そうで新しい事に反対するマインドセットを持ってるダメな人たちが結構多いんですよね。

そういう人達と僕は全然気が合わない。水と油。

だから、結構厳しいものはありましたよね。

もちろん、会社の同僚みたいに毎日顔を合わせる訳じゃないですけど、嫌ですよ。(それで、お坊さん業界に悪い意味でどっぷり浸かるのは無理だと思って起業したのですが。)

 

実際に働き始めるまで未知数な部分が多いのは仕方ないと思いますが、今の時代ネットで検索したり、SNSで転職先の社員さんを見つけたりするのも不可能じゃないと思うので、出来る限りのリサーチはしてから転職先を決めた方が良い、と強く思います。

イッヌ
イッヌ
結局どこで働くにしても、人間関係が完璧に上手く行くなんてありえない訳だし、ある程度の我慢は必要だよね。

でも、その我慢も小さいに越したことはない。

ネッコ
ネッコ
事前に出来る限りは調査して、リスクを小さくしておきたいよね。

使える制度は全部使ったか?

使えるものは全部使おう。

僕は上司らしき男に暴行を受け、勢いで会社を辞めたのですが、今思うともっと賢く辞めればよかったな、と感じています。

ブラックな労働を強制され、飲み会で説教され、足にローキックされて、それで「立つ鳥跡を濁さず」みたいな感じで辞めてしまった僕って本当に日本人です。

田村カツオ
田村カツオ
自分で言うのもなんですが、美しい(笑)

会社(上司)が自分に対して違法な事をしてきて、それで人間関係も悪くなって我慢の限界を超えて退職という事なら、紳士であり続ける必要も無いんじゃないかと。

パワハラ相談センターに連絡して、休職制度もしっかり利用して、有給休暇も容赦なく使うべきですよ。ホント。

僕は暴行を受けても別に黙っていたし、休職制度も利用しなかったし、有給休暇もかなり残った状態で退職してしまいました。

そういう風に綺麗に辞めた方が良いと思いこまされていたんですね。

 

会社を辞めるなら、権利として与えられているものはちゃんと全部使ってから辞めるべきです。

ましてや人間関係が嫌で辞めるのであれば、変な遠慮は要りません。

我慢して使わないで辞めても自分が損するだけ。

僕は退職してから元上司と連絡を取ったことは一切無いし、元同僚も仲の良かった一部の人とだけしか連絡とった事はありません。

今は毎日顔を合わせていても、仕事を辞めてしまえば関わり合いは正直無くなってしまうのです。

なのに遠慮するなんてもったいないです。

僕は使うべき制度を使わないで会社を辞めてしまったので「あいつらにしてやられたな」とムカついた事すらあります。

田村カツオ
田村カツオ
人間関係が良好な状態で辞めるのなら「人情のある辞め方」をするのも良いかも知れないけど、人間関係が悪くて辞めるなら紳士な辞め方をすると後悔しますよ。

「なんで俺だけがこんなにしてやらなきゃダメなんだ?」って思っちゃいますもん。

イッヌ
イッヌ
権利を主張するのは時に勇気がいるものだけどね。

ホントに会社を辞める準備は整っているか?

人間関係が嫌で我慢できなくなって勢いで会社を辞めた僕。

会社を辞めた直後は一気に収入が下がり困りました(笑)

今となっては笑い話ですが、割と切実過ぎる問題です。

当然すぎですが、次の転職先などはしっかり決めてから会社を辞めるべきですし、自営業を始めるにしても会社を辞めてゼロから始めるのじゃなくて、会社にいながらもある程度ビジネスの仕組みを作ってしまうのが良いです、ホントに。

田村カツオ
田村カツオ
僕は会社を辞めて低収入であえいでいる時に、元会社で自分に嫌な事をした奴らの顔が頭に浮かんできました。

人間関係が嫌で会社を辞めると、後から悔しさが蘇って来る事もあり得ます。

そんな時、自分が上手く行っていない状態だったら、精神衛生上ホントに良くありません。これは僕の経験上断言できます。

会社を辞めるのであれば、辞めてからすぐに歯車が稼働するように準備しておきましょう!

田村カツオ
田村カツオ
要は準備は入念に!って事。

イッヌ
イッヌ
勢いで行動するのは必要だけど、現状が会社からのお給料に依存してる会社員なら、準備はしっかりしておかないと後悔するからね。

終わりに。

人間関係が嫌で会社を辞めたいという人は多いと思います。

でも、勢いで辞めても良い事はありませんよ!

会社を辞めるというのは良くも悪くも大きな出来事です。

次にしっかりとつながるように準備をしてから辞めたいものですね!

僕の個人的な意見ではありますが、会社を辞める前に確認しておきたい事を3つ挙げさせて頂きました。

参考にするもしないも自由ですが、貴方の転職活動が上手く行くことを祈ってます!

田村カツオ
田村カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
田村カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。