プラグイン

WP External Linksの設定方法と使い方!nofollowタグ生成以外でも超便利!

田村カツオ
田村カツオ

ここではWordpressプラグイン、WP External Linksの設定方法と使い方について説明していきたいと思います。

ブログのSEO対策が手軽に出来るプラグインであり、最大の利点はnofollowタグが自動で設定出来る事ですが、それ以外にも出来る事が結構多い優れもの。

極々簡単な設定で大きな効果を生み出す事が出来ますので、ぜひやってみて下さいね!

WP External Linksで出来る事!nofollowタグ生成以外でも超便利!

WP External Linksというプラグインで出来る事について主な事を説明しておきたいと思います。

細かい事まで言うとかなり多くの事が出来るのですが、主なポイントに絞ると以下の3つです。

WP External Linksで出来る事。

  1. 外部リンクにnofollowタグが自動で付けられる。
  2. 外部リンクの横にアイコンが付けられる。
  3. 外部リンクを別窓で開くように設定できる。

以下、一つずつ説明していきますね!

外部リンクにnofollowタグが自動で付けられる。

nofollowタグとは「rel=”nofollow”」と記述されるタグの事でリンクを貼る時に使うものです。

効果としては検索エンジンのクローラーに「このリンクはたどらないで!」と指示を出すというもの。

例えば、記事を書いている中で文字列に外部リンクを貼ると、テキストモードで見た時に次のような記述になっています。

<a href=”https://korehareidesu.com”>アンカーテキスト</a>

この中に「nofollow」という文字はありませんね。

これだと何が良くないのかというと自分のブログのSEOパワーをリンク先のサイトに送ってしまっているという事になるのです。

自分のブログの中にAサイトへのリンクを貼るという事は、基本的にはそのAサイトを信頼しているからリンクを貼る訳です。

ですので、普通にリンクを貼った場合、自分のブログのドメインパワーがリンク先のサイトに少し取られてしまうのです。

イッヌ
イッヌ
最近では自分のブログのドメインパワーが吸い取られるのではなく、送り先のサイトの評価が高まり、相対的に自分のブログの検索順位の低下を招くから、nofollowタグを使うべきなんだ、という声もあるよ。

nofollowタグを使った形でリンクを貼ると、次のように「rel=”nofollow”」という記述がリンクに記載されます。

<a href=”https://korehareidesu.com” rel=”nofollow”>アンカーテキスト</a>

この「rel=”nofollow”」がある事で、自分のブログのSEOパワーをリンク先に送らなくて済むのです。

ただ、毎回リンクを貼る時にnofollowタグを記述していたのでは面倒臭くて仕方ありません。

WP External Linksは自動的にnofollowタグをリンクに付けてくれるプラグインであり、作業の省エネ化に物凄く大きな貢献をしてくれるのです。

外部リンクの横にアイコンが付けられる。

WP External Linksを使うと外部リンクの横におしゃれなアイコンを付ける事が出来ます。

これを付けることで「このリンクは外部リンクですよ」と読者に教える事が出来ますし、ブログもちょっとおしゃれになりますよ!

アイコンの種類も沢山の選択肢の中から選べます。

このブログでは下記画像のようなアイコンを外部リンクにはつけています。

外部リンクのアイコンの例赤く囲った箇所が外部リンクに自動で付くアイコンです。

外部リンクを別窓で開くように自動で設定できる。

サイトへの滞在時間等を考えた場合、外部リンクは「現在見ているページに上書きする」ような形で見れるようにするのではなく、別窓(別のタブか別のウインドウ)で開くようにするという事が大事になってきます。

外部リンクを別窓で開くようにするには、次のように「target=”_blank”」を記述する必要があります。

<a href=”https://korehareidesu.com” target=”_blank”>アンカーテキスト</a>

この記述を毎回行うのも面倒なものなのですが、WP External Linksは自動的に「target=”_blank”」を外部リンクに記述してくれるのです。

WP External Linksの設定方法と使い方について。

WP External Linksの設定方法と使い方を解説!

まず、「プラグイン」→「新規追加」で「WP External Links」をインストール・有効化までしておきましょう。

 

【1】するとダッシュボード画面左側に「外部リンク」というメニューが現れますのでクリック。

外部リンク

 

【2】次に進む画面では「外部リンク」「内部リンク」「除外リンク」「例外」「管理者機能」と5つのタブがありますが、基本的には「外部リンク」タブの部分の設定をすれば大体の設定が終わりますので、心配しないで下さい。

設定画面(クリックで拡大)

まず「外部リンク」タブが選択されている事を確認して作業を進めていきます。

 

①まず「外部リンク」設定の部分では「設定を適用」にチェックを入れます。そうしないとここで設定した事が反映されませんので。

「外部リンクを開く」では「それぞれ別の新しいウィンドウまたはタブ」にチェックを入れます。(そのすぐ下の「既存の値を上書きします。」にチェックを入れると、この設定を行う以前に作成した外部リンクにも、ここで設定する内容が反映されます。)

「followまたはnofollowを設定」では「nofollow」を選択します。(そのすぐ下の「既存の値を上書きします。」にチェックを入れると、この設定を行う以前に作成した外部リンクにも、ここで設定する内容が反映されます。)

「アイコンの種類を選択」という箇所は外部リンクの横に表示したいアイコンの画像を選択出来ます。沢山の種類があるので、色々試してみて下さい。ここで設定したアイコンは過去に設定した外部リンクの横にも自動的に表示されるようになります。

「外部リンク」のタブの部分で設定する内容については、とりあえず以上の部分で大丈夫です。最後に「変更を保存」をクリックするのを忘れずに!


 

【3】「内部リンク」タブと「除外リンク」タブについては、そのままで大丈夫です。触る必要はありません。

「例外」タブについては「外部リンク」タブの中で設定した内容を反映させたくないページを、ページIDやURLで指定できるという事です。

あまり使う事は無いとは思いますが、必要が出てきたら設定してみて下さい。

「管理者機能」タブは「プラグイン用の管理メニューを作成」にチェックが常に入っている状態を維持しましょう。(最初はチェックが入っています。)

設定画面

ここにチェックが入っているとダッシュボード画面の左側に

外部リンク

というメニューが表示されるようになります。これを消す理由は無いと思いますのでチェックは入ったままの状態を保つ、という事ですね。

終わりに。

WP External Linksの設定方法と使い方、何が出来るか等について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

nofollowタグをつけないようにするだけのプラグインだと誤解されがちなのですが、意外と出来る事は多いのです。

そして一度設定しておけば後は特に何かする事もあまりない。

とても便利なプラグインだと思いますので、ぜひ使ってみて下さいね!

田村カツオ
田村カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
田村カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。