トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトで誹謗中傷はリスクが高いしマナー違反だし止めよう。

田村カツオ
田村カツオ

トレンドアフィリエイトを実践し多くの記事を書いていると中にはあまり良い感じではない人物やゴシップなどに向き合う場面があります。

どういう風に記事を持って行くかは書き手次第なのですが、くれぐれも記事が特定の個人や団体の誹謗中傷となってしまわないように注意をしましょう。

人様の誹謗中傷は何も生み出しませんし、リスクが高い行為です。

それ以前に人道的なマナーの観点からも褒められたものではないですからね。

参考動画:ブログで芸能人の批判をするべきではない理由。

田村カツオYouTube公式チャンネルでは、僕の失敗談を例にブログで芸能人の批判をすべきではない理由を解説していますので、是非ご覧になってみて下さいね。

トレンドアフィリエイトで誹謗中傷はリスクが高いしマナー違反。

トレンドアフィリエイトで誹謗中傷するのはマナー違反。

芸能人・一般人に関わらずブログで他人の誹謗中傷はしてはダメ。

トレンドアフィリエイトで誹謗中傷は絶対にするべきではありません。

これは芸能人に限らず、政治家やスポーツ選手なども著名人全般、一般人、国や会社などの団体においても同様です。

田村カツオ
田村カツオ
実は僕、会社員時代に個人名でインターネット上で悪口を書かれた経験があります。

インターネットで顔も出してない人に自分の批判をされるのは、とても嫌な気持ちになるものです。

当事者に言わせるならば「何も知らない奴が一方的な事をカッコつけて書くんじゃねぇ!」と思うものです。誰でもそういう気持ちは同じでしょう。

一般人の批判を書いたって「名誉毀損だ!」「訴える!」という話になる可能性はあります。

そもそも、一般人の事を記事にするのはグーグルアドセンスの規約に引っかかる可能性すらあります。

関連記事:Googleアドセンスの規約違反に注意!禁止ワード一覧を元に解説!

 

ASPの規約以前に、人様の誹謗中傷でアクセスを集めて小金を稼ごうという時点で人の道に背くマナー違反だと僕は思います。

芸能人の場合、背後には事務所があり、芸能人を守っているというのは分かると思います。

週刊誌の記事などが名誉毀損だという事で損害賠償請求を求めて裁判になったという事はよく聞く話ですよね。

皆が書いているから大丈夫だろう、みたいな気持ちで芸能人の誹謗中傷を書いてしまうと痛い目を見るかもしれません。

自己責任の世界になりますが、注意が必要です。

イッヌ
イッヌ
自分が痛い目に遭うからとか関係なく、人のあからさまな誹謗中傷はダメだよね。

理路整然とした批判ならまだしも・・・

田村カツオ
田村カツオ
うん。人の悪口を言っても他人のエネルギーを奪うだけだからね。

トレンドアフィリエイトで誹謗中傷するのはリスクも高い。

芸能事務所から連絡がきた!

誹謗中傷をするのは良くないと言いながらも、僕は自分のトレンドアフィリエイトブログで芸能人の記事を書き、芸能事務所からお叱りを受けた経験があります。

あからさまな誹謗中傷というか「この人にはこういう悪い噂があるですが、一体どうなのでしょうね~?本当だったら良くないですね~。」のようなソフトな書き方だったのですが、ドキッとする体験がやってきました。

「誹謗中傷」というには弱いものだったと思いはしなくもないのですが、僕はある芸能人の方の記事で

「○○さんはこういう事を言われていますが、本当に○○さんがこんな事をするのでしょうか?腑に落ちない点は確かにあるのですが…火のないところに煙は立たないといいますからね。本当だったらどうなのでしょうか?」

 

みたいな記事を書いたことがあります。

そうしましたら、その記事が幾つかのキーワードでの検索結果で1位で表示されてしまい(この事自体は嬉しいことなのですが・・・)芸能事務所からお叱りを頂いたのです。

 

芸能事務所から頂いたメールには

  • 名誉毀損
  • 民事訴訟
  • 刑事事件
  • ○○警察
  • 代理人弁護士

というようなドキッとする言葉が使われており、「ああ…これで僕も終わりか…(T^T)」と一瞬思ってしまいました。

僕のトレンドブログみたいなのはいくらでもありますし、僕以外の人の方が遙かに酷いことを書いてました。

そういうところに対して全て訴訟を起こす、損害賠償請求手続きをするというのは現実的ではないと頭では分かりながらも本当にびっくりしたものです。

「そういうのが単なる脅しで、最悪な状況にはならない」という絶対の保障なんてありません。

「誹謗中傷」というよりは「皮肉」や「いじり」みたいな文章を書く時も実際あると思うのですが、程々が大事です。

 

万が一、お叱りを頂いたら、すぐに謝罪・記事の削除をする事。

そういう対応をすれば大事に至る可能性はぐっと減るでしょう。

※なお、僕もその記事はすぐに削除し、芸能事務所には謝罪メールを送っておきました。

ネッコ
ネッコ
悪気が無くても相手がダメだと言ってる場合はすぐに謝って対処した方がいいです。

もちろん、言われる筋合いのないクレームに対しては毅然と立ち向かうべき時もあるけれど。

まとめ

トレンドアフィリエイトを実践する上で人物について書く時、特に内容が誹謗中傷のようになってしまわないように気をつけましょう。

もちろん、ほとんどの場合、人を傷つける事でお金を稼ぐつもりは無いでしょうが、結果として誰かが傷ついてしまう事もあるのです。

インターネットという世界でブログで情報を発信していく以上、情報を見る方々の気持ちも考えた上で記事を書いていきたいですね。

田村カツオ
田村カツオ
たった一つのブログで僕の人生は激変しました。

ずっと稼ぎ続けてくれるネット上の資産を構築するスキルを身につけた事がきっかけです。(詳しくはプロフィールで!)

今では複数のサイトを運営しアフィリエイト報酬を得たり、法人顧客のSEOコンサル等も行っており、副業の収入がサラリーマン時代の月収を超えています。

メルマガの中でその秘密について話しています。

現在、メルマガ登録者限定で初心者がブログアフィリエイトで月収10万円以上稼ぎ、インターネット上に資産を築く為のノウハウが詰まったテキストを無料でプレゼント中!

※僕のメルマガは無料で読んで頂く事が出来ますし、必要ないと感じたらいつでもボタン1つで解除が出来ます。



ABOUT ME
田村カツオ
毎日のシゴトを「魂レベル」で楽しむ僧侶×Webマーケター。インターネットを用いた人気メディア運営のハウツーを伝授するオンラインレッスンを行ったり、法人顧客に対してWebマーケティングのアドバイスを行っている。趣味は筋トレ、ムエタイ、英語の勉強。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。